「6月6日は楽器の日」
「6月6日は楽器の日」。
これは、「芸事の稽古はじめは、6歳の6月6日にする」という昔からの慣わしにちなみ1970年に全国楽器協会が制定したものです。
この日から始めると上達が早いと云われています。指を折って数えると6の数字の時に小指が立つ形になり、「子が立つ」とも云われています。
全国楽器協会では、2つの記念日を制定しています。
それは「6月6日楽器の日」と「10月1日国際音楽の日」です。
このうち「6月6日楽器の日」をいわゆる楽器のバレンタインデーにしようという動きが楽器店で活発です。
この日は楽器のスペシャルデー。
ワクワク、ドキドキの思いがけない出会い、感動があなたを待っているはずです。
Let's Play! Let's Music!

関西楽器協会